家庭教師navi
家庭教師
派遣会社
注意点 色々な
家庭教師
家庭教師
Q&A
合格の為に
   注意点

 

家庭教師の派遣会社は良い所ももちろん多く存在しますが、実際のシステムや、料金のシステムがよく分からない家庭教師派遣などがあります。高い教材を買わされた、解約の仕方がよく分からない、など色々とトラブルが絶えないようです。下記のような事を行ってくる業者には気をつけましょう。東京は受験激戦ということもありしつこい営業も多いそうなので気をつけてください。

(1)教材販売がメイン

家庭教師がご家庭で指導を行う場合、学校の教科書や塾のテキストを使用することがほとんどです。初めから高額な教材を販売しようとしてくる会社は教材を販売する事が目的で、家庭教師をするつもりなどほとんど無いと思っていいでしょう。

 

(2)授業の前に契約する

家庭教師を決めるときは普通担当予定の家庭教師と直接面接をしてから決めるのが普通です。悪徳業者には教師を会う前に契約を進めてくる業者もいますのでこのような業者には気をつけましょう。また体験授業を無料でできるのは基本的に一回です。教師側も無償で行っているのがほとんどですので、このような会社にも注意が必要になります。

 

(3)チケット製や一括払いになっている

一般的に家庭教師の授業料は月謝制になっており、契約も月契約になっています。一年分の授業料の一括払いやチケット制になっている業者などは注意が必要です。

 

(4)経験の少ないアルバイトが対応する

やはり高い授業料を支払って家庭教師を雇うので経験の少ないアルバイトなどが担当になると不安でしょう。問い合わせをした時に電話対応などで不安に感じる事があったならやめておいたほうかいいでしょう。

 

(5)教師の交代は出来るのかどうか

最初の頃はいい感じに授業が進んでいたとしても、時間が立つにつれて、生徒の成績がまったく伸びない。家庭教師と生徒の愛称が合わない。遅刻や欠席が多い。などのさまざまな問題が出てくると思います。後でトラブルにならないように契約時に家庭教師の交換は可能なのかをきちんと確認しておきましょう。

 

(6)解約・脱会

受験に合格して必要が無くなった。成績が上がった、成績が上がらない、家庭教師の対応が悪い。などさまざまな脱会理由が出てくると思います。業者によっては解約金が発生するところもありますので契約前に確認をしておきましょう。

 

recommend

関内の貸事務所を検索

Last update:2019/3/1

 

 

 

 

Copyright (C) 2008 知っておきたい家庭教師の知識 All Rights Reserved.